センバツ代替試合に大阪桐蔭・西谷監督「甲子園でやらせてもらえるということは全く考えていなかった」

スポーツ報知
大阪桐蔭・西谷浩一監督

 日本高野連は10日、大阪市内で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大で史上初めて中止になった第92回センバツ高校野球大会の代替試合「2020年甲子園高校野球交流試合(仮称)」を甲子園球場で開催すると発表した。センバツに出場予定だった32校を招待し、8月10日~12日、15日~17日の6日間(13、14日は予備日)で対抗試合各1試合を行う。

 甲子園で歴代最多7度の優勝を誇る大阪桐蔭の西谷浩一監督(50)が電話取材に応じ「甲子園でやらせてもらえるということは全く考えていなかったので、正直びっくりしている」と喜びをかみしめた。

 プロ注目の仲三河優太外野手、西野力矢内野手、藤江星河投手、伊東光亮内野手(いずれも3年)らのプレーが聖地で見られることになった。「いろんな方のご尽力があって、こういう場、時間をつくっていただいた。試合をするだけじゃなく、個人としてもチームとしても成長できるようにしたい」と、意気込みを示した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請