馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 福島

大事に至らず(栗東)

 こんにちは、山本です。本日も栗東からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、少し古い話になりますが、アニメを中心に非常に盛り上がっていた「鬼滅の刃」なる作品が最終回を迎えたといいます。少しだけあらすじをみたんですが、正直、あまりピンとこず。とはいえ、世の中は「鬼滅ロス」なる言葉もあるといいますよね。昔は流行っていると聞くと、ドラマなりマンガなり手に取って、何とか面白さを発掘しようとしてましたけど、最近はすっかりそんなことをする意欲もなくなった。ドラマでは最近、テセウスの船という作品だったか、競馬記者は非常に盛り上がっていたけど、ワタクシには対岸の火事だったなぁ。

 話は戻って、鬼滅の刃。ジャンプに載っているマンガらしいですね。昔、あれだけ読んでいたジャンプをすっかり読まなくなってしまった。ワンピースもストーリーはほぼ知らないんです。ジャンプから完全に離れた時って、いつだろうと考えると、恐らく「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が終わった時。もう4年前にもなるんですね。子供の頃からキン肉マンやキャプテン翼、ドラゴンボールなど懐かしい記憶が次々とよみがえりますが、あの「両さん」が終わった時に、雑誌のマンガからバイバイしたはず。まぁ、両さんは偉大だったのです。

 ということで、そろそろ本題へ。本日も栗東での話題を中心に見ていきましょう。

 今日はまず須貝調教師への取材から。やはり、開幕戦の目玉候補だった【ステラヴェローチェ(牡、父バゴ、母オーマイベイビー)】の近況を聞かないといけません。突然の出走取消となってしまったんですが、外傷性の鼻出血ということで、顔をケガしてしまったらしいんです。ただ、脚元などではなかったし、すでに本日から乗り出しているとのこと。「これだけの馬だから、やっていきながら、いい時に使いたいと思う」と在厩で様子を見ながら、仕上げていくようです。後に引きずるような負傷でなかったことはお伝えしておきたいと思います。

 今週の阪神芝マイルに出走予定の【マジカルステージ(牝、父モーリス、母オツウ)】も好感触なんですが、こちらは週末にて。来週の阪神芝マイルを視野に入れているのが【サトノアイ(牝、父ハーツクライ、母キャッチザカクテル)】です。先週もいい動きだったことはお伝えしたんですが、「牝馬だけど、しっかりしている馬。この馬も面白いと思う」と楽しみにしている様子。あと、3月末のゲート試験で真っ先に合格している【レッドソルダード(牡、父マジェスティックウォリアー、母レッドソンブレロ)】は次開催の阪神1週目にあるダート1400メートルでの初陣を視野に入れており、「この馬もいい。走ってくる」と期待していましたね。

 続いては吉村厩舎。4月上旬にゲート試験合格して、放牧に出されていた【ライトニングホーク(牡、父ディープインパクト、母ノヴァホーク)】は7月5日の函館芝1800メートルを丸山Jで予定しています。「体は470キロぐらい。明日から時計を出す予定ですが、牧場でも評価のいい馬ですし、どれぐらい走れるかでしょうね」と吉村調教師は話していました。また、7月11日の阪神芝マイル、牝馬限定を和田Jで予定しているのが【ファーストソリスト(牝、父ロードカナロア、母ヴァゼム)】ですね。

 この7月11日の阪神芝マイルの牝馬限定を予定していると本日聞いたのが、池江厩舎の【ダノンシュネラ(牝、父ドゥラメンテ、母ラッドルチェンド)】です。こちらは近々、栗東に帰ってくるようなので、取材は動きを見つつにしたいと思います。先週のゲート試験に合格した【トーセンアラン(牡、父キズナ、母アドマイヤキラメキ)】と【ディープモンスター(牡、父ディープインパクト、母シスタリーラヴ)】は予定通り、放牧に出されました。

 その池江厩舎、評判馬がイッキに入ってきていますよね。先月30日に【サクロモンテ(牡、父ロードカナロア、母バイラオーラ)】が、今月3日に半兄にアルバートドックを持つ【エイスオーシャン(牡、父ディープインパクト、母ゴールデンドックエー)】が、5日に祖母にレクレドールを持つ【ペリエドール(牡、父モーリス、母ラルシュドール)】が、そして10日は姉にケンタッキーオークス馬を持つ【サトノスカイターフ(牡、父ディープインパクト、母シーヴ)】が入ってきました。サトノスカイターフに関しては、想定以上の早さ。これは話を聞かねばなりません。

 ということで、今日はここまで。また、次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請