【巨人】湯浅大の芸術弾にベンチ沸く 開幕1軍へまたアピール

スポーツ報知
1回無死一塁、湯浅大が左越えに先制2ラン本塁打を放つ

◆練習試合 DeNA―巨人(10日・東京D)

 巨人の湯浅大内野手(20)が、2ランをたたき込んで先取点を奪った。巨人先攻で迎えた初回無死一塁から、中川虎の内角146キロを鮮やかにさばいた。打球が長い滞空時間を経て左翼席中段へ飛び込むと、ベンチの原監督は驚いたような表情を浮かべ、ナインは歓声を上げた。

 高卒3年目の湯浅は7日のヤクルト戦(東京D)でも左翼ポール際の最上段へ3ランを放つなど、開幕1軍入りへ猛アピールを続けている。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請