Jリーグ、7月10日から観客動員まず5000人…8月1日から収容人員の50%

スポーツ報知
村井チェアマン

 Jリーグは9日、オンラインで実行委員会を行い、7月10日より間隔1メートル確保の上で5000人以下、8月1日より50%の範囲で観客を迎え入れる方針などを固めた。J2、J3が6月27日、J1が7月4日から再開する中、村井チェアマンは「7月10日すぎにはサポーターを迎えられるよう、自治体や政府とともに準備を進めている」と説明した。

 また夏季の登録期間(移籍ウィンドー)は日程が後ろ倒しになっている影響を考慮し、発表されていた7月17日~8月14日から、7月31日~8月28日へと変更されることに。感染対策のガイドラインについても大枠で承認され、無観客試合の間はサポーターによる応援バナーの持ち込みについても禁止する方針となり、PCR検査は20日に第1回が行われ、2週間に1度のペースで実施される。また、今季から正式導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)については再開後の運用を見送る方針を固めており、23日の理事会で正式に決定する。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請