【DeNA】開幕スタメン内定の梶谷隆幸が初回先頭弾「うまく振り抜くことができました」

右越えに初回先頭打者本塁打を放つ梶谷隆幸(捕手・炭谷銀仁朗)
右越えに初回先頭打者本塁打を放つ梶谷隆幸(捕手・炭谷銀仁朗)

◇練習試合DeNA―巨人(9日・横浜)

 DeNAの梶谷隆幸外野手(30)が初回先頭打者本塁打を放った。

 1ボールから戸郷の149キロの低めの直球を右翼ポール際にライナーで運んだ。練習試合7戦目での1号に「強く振ることを意識して打席に入りました。上手く振り抜くことができました」とコメントした。

 梶谷は練習試合に7戦連続「1番中堅」で出場。この試合まで19打数6安打、打率3割1分6厘と好調を維持。ラミレス監督から「けががなければ開幕1番は梶谷でいこうと思っています。余程のことがない限り」と開幕スタメンを確約されている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請