【広島】西川龍馬、イチローばりのワンバウンド悪球打ちで先制タイムリー 同僚も仰天

スポーツ報知
5回1死二、三塁、西川がワンバウンドの球を左翼へ先制適時打

 ◆練習試合 広島―阪神(9日・マツダ)

 広島の西川龍馬内野手(25)がイチローばりの悪球打ちを見せた。5回1死二、三塁から青柳のワンバウンドしたツーシームを真芯でミート。左前にはじき返して先制点をもたらすと、同僚も目を見開いて驚いた。

 ワンバウンド打ちといえば、2000年5月13日のロッテ戦でオリックス時代のイチローが右前に運んだシーンが有名。イチローに憧れを抱く、同じ左の鯉の好打者が再現するような一打を放った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請