ワッキーが初期の中咽頭がんで8月末まで休養「全力で頑張ってきます!」

ワッキー(右)の一時休養の報告をした相方・ヒデのインスタグラム(@penaruteihide)より
ワッキー(右)の一時休養の報告をした相方・ヒデのインスタグラム(@penaruteihide)より
中咽頭
中咽頭

 お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキー(47)が中咽頭がんの治療のため、8月末まで一時休養することが7日、明らかになった。所属事務所の吉本興業がこの日、発表した。

 吉本によると、ワッキーは4月上旬に首にしこりのようなものを感じたため、都内の病院で複数回、検査を受け、初期の中咽頭がん(ステージ1)の診断を受けた。医師と相談し、外科手術は行わず、放射線化学療法での治療を選択した。都内の病院に8日に入院して治療に専念。7月下旬に退院し、8月いっぱいは療養する予定。

 ワッキーはツイッターで「先月、自分の喉に癌(がん)がみつかり、中咽頭癌のステージ1と先生から伝えられました。また皆さまの前に元気な姿をお見せできるよう全力で頑張ってきます!」と報告。

 相方のヒデ(49)もインスタなどで2人で少年のコスプレ姿で指切りげんまんする写真をアップ。「本人も前向きに治療に専念致しますので、温かく見守っていただけたら幸いです」とコメントした。ヒデはこの日、ニッポン放送「日曜競馬ニッポン」(日曜・後2時半)にリモート出演。「すごくショックでしたね。久しぶりにじっくり2人で話し合いました。逆にもう一度相方のことを見直して、良さに気づきました」と胸中を吐露。「復帰後の一発ギャグを期待して待っていただきたい。軽くすべったら、もう1週間くらい調整してほしい」と冗談を交え、市船橋高サッカー部の後輩でもあるワッキーにエールを送った。

 〇…サッカー界からもワッキーの早期回復を願う声が送られた。J1浦和のDF槙野智章(33)は7日、自身のツイッターを更新し、「俺のサッカー人生で、ワッキーさんの言葉で救ってもらった 今度は俺がワッキーさんを救う番。あなたは、更に強く面白くなって帰ってくる!」とつづった。市船橋高サッカー部の後輩でJ2大宮コーチ・北嶋秀朗(42)は「先輩、治療大変だと思いますが市船魂で乗り越えてください! 復活待ってます」。元日本代表MF中村憲剛(39)=J1川崎=やJ1札幌FW鈴木武蔵(26)もツイッターでエールを送った。

 ◆ワッキー 本名・脇田寧人(わきた・やすひと)1972年7月5日、北海道生まれ。47歳。市船橋高でサッカー部に所属、FWとして活躍。専大に進学後、高校・大学の1年先輩のヒデこと中川秀樹に誘われ中退し、コンビ「ペナルティ」を結成。94年4月に初舞台を踏む。ボケ担当。07年に結婚し、08年に第1子誕生。「芝刈り機」「男性ホルモン受信中」などのギャグを持つ。

ワッキー(右)の一時休養の報告をした相方・ヒデのインスタグラム(@penaruteihide)より
中咽頭
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請