広がるテレワーク利用想定ビジネス アパホテルは「日帰りプラン」など販売…カラオケ店では個室を業務用のスペースに

テレワーク向けサービスを提供している「カラオケの鉄人」
テレワーク向けサービスを提供している「カラオケの鉄人」

 テレワークを新たなビジネスにした企業も出てきている。全国にビジネスホテルを展開する「アパホテル」はテレワーク利用を想定した「日帰りプラン」、「テレワーク応援5日連続プラン」などの販売を開始。自宅では家族やペットがいて仕事に集中できないというサラリーマンを支援している。

 全客室に無料のWi―Fi(ワイファイ)と有線の接続サービスを提供。人と接触することもないので、感染のリスクも抑えられる。例年はほぼ100%が見込まれるという都内のアパホテルの稼働率は、3月が50%、4月が30%ほど。国内外からの観光、ビジネス客が激減していたが、運営するアパグループによると、テレワーク目的で3月25日から5月末までに3万5000室を超える利用があったという。当初は5月末までの販売の予定だったが、好評だったため、7月末まで期間も延長した。

 またカラオケ店「カラオケの鉄人」や「ビッグエコー」でも、個室を業務用のスペースとして使えるサービスを始めている。感染拡大のために多くの人が個室に集まれなくなってしまったカラオケ店ならではの悩みを、逆手に取った。ホテルやカラオケ店は日中は利用者が比較的少ない時間帯でもあり、今後もテレワークに活用されるケースが続いていきそうだ。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請