【メディカルNOW】PCR検査、Jリーグなど全員検査、感染リスク極小に

カシマスタジアムでのドライブスルー方式で使用されたPCR検査キット
カシマスタジアムでのドライブスルー方式で使用されたPCR検査キット

 PCR検査が注目されている。PCRとは「ポリメラーゼ連鎖反応」の英語表記の頭文字で、簡単にいえばポリメラーゼという酵素を使って少量のDNA(遺伝子)サンプルを十分な量に増幅する技術をいう。感染症の検査だけでなく、がんの遺伝子分析や生物学研究など幅広く利用されている。1983年に米国の生化学者キャリー・マリスが発明し、ノーベル化学賞を受賞している。

 新型コロナ感染の有無を調べる検査として知られているが、日本では制約されてきた。そのため死後の検査で新型コロナに感染していたことが判明したり、軽症者は検査を受けられずに市中感染が広まったりした。しかし、最近は検査制限がなし崩しになり、対象が広がっている。

 ▼Jリーグが再開するにあたり、全選手・関係者・レフェリーに定期的なPCR検査を行うことにした。2000人以上が2週間に1度の頻度で検査を行うことになる。

 ▼プロ野球も巨人が全選手・監督・コーチ・スタッフら約220人の新型コロナの感染歴を調べる抗体検査を実施。陽性反応だった4人にPCR検査を行ったところ2選手が「微陽性」だったが再検査で陰性に。

 ▼日本相撲協会は力士や親方ら900人余りを対象に抗体検査を始めた。抗体検査で陽性を示せばPCR検査を行うことになる。

 スポーツ界は延期していた試合を再開するにあたり、選手らのPCR検査が広まっている。感染リスクを極小にするにはPCR検査が欠かせない。

 緊急事態が解除され学校を再開したり企業活動を元に戻す動きが広まっているが、その集団全員のPCR検査で感染の有無を確認できれば、過剰な感染対策をせずにすむだろう。(医療ジャーナリスト・田中 皓)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請