【阪神】坂本誠志郎、3度の二盗阻止でアピール ガルシアの好投もリードし「僕にしかない武器もある」

7回無死一塁、二盗を試みた甲斐を刺した坂本
7回無死一塁、二盗を試みた甲斐を刺した坂本

 ◆練習試合 阪神2―1ソフトバンク(7日・甲子園)

 阪神・坂本誠志郎捕手(26)が、3つの盗塁阻止を見せるなど守備面で大きくアピールした。

 「8番・捕手」で先発出場。昨季バッテリーを組むことの多かったガルシアを復帰登板で4回無失点に導くと、5回には2度の二盗、7回にも再び二盗を阻止し、3度続けて正確なスローイングを見せた。「意識して取り組んでいることですので、結果として3つ刺せたことはよかったです。それが投手の助けにもなりますし、ピンチを救う結果になったと考えるとよかったなと思います」と振り返った。

 打撃でも3回先頭で中前打を放ち、北條の決勝2ランにつなげた。この日指名打者で先発出場した梅野が2安打、前日6日のソフトバンク戦(甲子園)では原口が3安打3打点と正捕手争いは激しさを増すが「他の捕手と同じことをしていてもダメですし、僕にしかない武器もあると思うのでそこを活かして投手のサポートであったり、チームに貢献できるように頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請