自民党・甘利明氏、生放送で「持続化給付金」の「電通」への再委託問題に「今、迅速に行うシステムとしては最善」

フジテレビ
フジテレビ

 自民党の甘利明税調会長が7日放送のフジテレビ系「日曜報道 THE PRIME」(日曜・前7時半)に生出演した。

 番組では、新型コロナウイルスの影響で売り上げが半減した中小企業などに最大二百万円を給付する政府の持続化給付金を巡り経済産業省が大手広告会社の電通や人材派遣会社のパソナが設立した一般社団法人「サービスデザイン推進協議会」に業務委託している問題を報じた。経産省から約769億円で委託された同協議会は、約749億円で電通へ再委託している。

 スタジオで甘利氏は、再委託について「結論から言うとですね、今、迅速に行うシステムとしては最善だったと思います。もちろん、入札でやりました」と指摘した。その上で「それから20億が中抜きだなんていわれますが、調べてみれば、振込手数料が15億ぐらいで消費税分が2億とか全部説明できますから、中で誰かが抜いているなんてことはまったくないです。そういうことで週刊誌があおるのはどうしたもんかなと思います」とコメントした。

 さらに「これは、デジタルとアナログが混在する今の中で、ある程度、人海戦術でやらないとならないんです。9000人も動員してやってます。すでに60数パーセントが執行済みです。ですから、現状のシステムの体制の中では極めて迅速にできている方だと思います」と述べていた。

 

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請