白井・具志堅ジム 来月いっぱいで閉館 具志堅会長「ここが潮時」

具志堅用高会長
具志堅用高会長

 プロボクシングの元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高氏(64)が会長を務める白井・具志堅スポーツジム(東京・杉並区)は6日、7月31日でジムを閉鎖すると発表した。

 具志堅会長はホームページ上で「気力、体力ともに、これまでのように情熱を持って選手の指導に当たるには難しい年齢になったこともあり、ここが潮時と決断いたしました」とコメントした。

 同ジムは1995年、日本人初のボクシング世界王者となった白井義男(故人)と具志堅会長によって設立された。これまで元WBA世界フライ級暫定王者・江藤光喜や元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾、元WBA女子世界スーパーフライ級王者・山口直子らを輩出した。

 現在、十数人のプロ選手が在籍し、来月開催予定の東日本新人王に4選手がエントリーしている。所属選手の今後について、具志堅会長は「最後まで責任をもって移籍先を見つけます」と記している。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請