【巨人】原監督、小林の本塁打を絶賛「見事なバッティング」正捕手争い激化

4回2死、無観客試合でソロ本塁打を放ち、ベンチ前でガッツポーズする小林誠司
4回2死、無観客試合でソロ本塁打を放ち、ベンチ前でガッツポーズする小林誠司

◆練習試合 巨人8―4ヤクルト(6日・東京D)

 巨人の小林誠司捕手(30)が6日、ヤクルトとの練習試合に「8番・捕手」で先発出場した。

 3回に2ストライクと追い込まれてから、小川の低めの変化球を左中間に運び二塁打。続く4回の打席では小川の内角の変化球を思い切り引っ張ってレフトにソロホームランとした。

 原監督は試合後、「練習通りといっていいと思います。練習の内容も非常にいい。今日はちょっと出来過ぎかもしれないけど、やっぱり見事なバッティングですね」と称賛した。

 昨年から進化した点について原監督は「自分のタイミングというか自分の間でどういうボールが来ても打っている。悪い時はボールに合わせて打ちに行っているというかね。そういう意味では自分の間合いの中でボールを打っているという感じがしますね。追い込まれてからも(打つ)という点ではね。それはもう小林だけでなく、打者の永遠の目指すところでしょう」と話した。

 この日は途中出場の炭谷も2安打。大城、小林、炭谷の競争は激化し、ハイレベルな正捕手争いがチーム力を上げていく。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請