同じ父でも(栗東)

 こんにちは、山本です。本日はちょっと久々、阪神競馬場にやって来ております。では、パッチパチといきますか♪

 さて、今日は久々の競馬場で仕事がチョイと忙しくなりまして、前振りゾーンは痛恨の省略。ごく一部のファンの皆さん、ご了承くださいませ。

 さて、明日も阪神では5Rで新馬が行われます。まずは橋口厩舎の【カスティーリャ(牡、父モーリス、母スパニッシュクイーン)】ですね。こちらは今週の攻め馬が地味に映りましたが、「先週までにしっかりとやっていますし、動きはいいですよ。前向きさがあって、初戦向きだと思います」と橋口調教師は話していました。あと、個人的に好きだったエールヴォワの弟、【エマージングロール(牡、父ネオユニヴァース、母フィーリングトーン)】は放牧先でザ石のアクシデントがあったようですが、夏のデビューを目指せるとのこと。「ネオ産駒ですが、素直ですよ。現状で完成度が高いですし、楽しみにしています」と話していました。

 続いては西村厩舎の【アスコルターレ(牡、父ドゥラメンテ、母アスコルティ)】ですね。この馬、当初より追うたびに評価を上げている印象です。「いいね。体や走りを見ると短距離の方が合っていると思うし、前向きさを感じる」と手応えを口にします。確かに、中間の動きもいいんですよね。で、西村厩舎は来週の阪神芝マイルに【ショウナンライフク(牝、父リーチザクラウン、母ショウナンライム)】が松若Jで、3週目の阪神芝マイルに出走する注目の【ブレイブライオン(牡、父ディープインパクト、母フラーテイシャスミス)】の鞍上は福永Jに決まりました。

 さて、ここからはPOG情報。まずは松永幹厩舎。来週の芝1200メートルを川田Jで予定しているのが【モントライゼ(牡、父ダイワメジャー、母ムーングロウ)】です。「動きは良くなっていますよ。距離はもっとあってもいいかなと思うけど、この条件でどんな走りをしてくれるかですね」とトレーナーは期待しているようです。あと、阪神3週目の芝マイルを岩田望Jで予定しているのが【ヴィゴーレ(牡、父キズナ、母ヴァイセフラウ)】ですが、こちらは「使いながら、良くなってくれれば」と今後の成長に期待といった感じ。さらに、ゲート試験に合格していた【マッチレスギフト(牝、父Frankel、母Minorette)】も栗東に戻ってきました。お母さんはベルモントオークス馬という血統馬。「牝馬の割に馬格があるし、悪くないと思う。フランケル産駒でも気性は問題ない」と話していました。クラブのHPでデビュー戦は阪神最終週の芝1800メートル、武豊Jと発表されたようですね。

 続いては高橋忠厩舎。叔母に紫苑S勝ちのビッシュなどを持つ【ワンダフルタウン(牡、父ルーラーシップ、母シーオブラブ)】が阪神最終週の芝1800メートルでデビュー予定です。鞍上は和田J。「育成でも期待の一頭に入っていたような馬です。まだ、トモに緩さはありますが、ゆったりとした距離が合いそうなタイプ。先々は面白そうですよ」とのこと。ただ、まだ3週も先のレースですし、何より素質は十分に感じている様子。調教過程を気にしておきたいような雰囲気でした。

 最後は友道厩舎。先日の更新で触れた7月デビューを控えた馬について、少しだけ書いておきましょう。【ヨーホーレイク(牡、父ディープインパクト、母クロウキャニオン)】は現在、530キロ近くあるそうです。「増えたね」と話す友道調教師ですが、心配する様子は全くなさそう。「重苦しさなどは全くないし、柔らかみのある、いい馬ですよ」と高い評価に変わりありません。一方、同じ父親でも【レッドジェネシス(牡、父ディープインパクト、母リュズキナ)】はまたタイプが違うんだとか。「体つきなんて、まだ緩いのに、走らせるとしっかりしているんですよね」とトレーナーは分析します。いずれにせよ、2頭ともデビューは7月予定。もうすぐ、栗東に入ってくることでしょう。

 ということで、本日のネット限定「厳選馬」は、その友道厩舎から。

阪神8R・6ポタジェ(こちらもディープ産駒でした笑。復帰が遅れた前走、格上挑戦でも少差の2着。ここは自己条件、負けられない)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

阪神4R・3アスピラール(窮屈な場面があった2走前に脚は見せている。スムーズなら一変十分)

阪神7R・9セブンティサン(陣営、松若Jともに『もっと走れる馬』と前から聞いてきた。前走にわずかながら復調の兆し)

東京10R・11シェパードボーイ(以前から距離を詰めて欲しかった馬。脚抜きのいい馬場も合う)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

2歳馬特集ページ

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請