ソフトボール・山田恵里、高校生向けオンライン授業の講師に 「長年競技を続けてきた経験が誰かの一歩を踏み出す勇気になれば」

山田恵里
山田恵里

 全国高等学校体育連盟とインハイ.tvは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で今夏の全国高校総体(インターハイ)が中止になった全30競技の高校生に向け、アスリートらからのエールを届ける「明日へのエールプロジェクト」を開始した。第1弾としてアスリートから高校生や指導者に向けた「オンラインエール授業」を行う。2008年北京五輪ソフトボール女子で日本初の金メダルを獲得した「女イチロー」と呼ばれる山田恵里(日立)が講師として登場するの日程が6日までに発表され、6月18日午後5時に決まった。

 山田はインハイ.tv公式ホームページを通じて「長年競技を続けてきて色々な経験をしてきました。自分の経験が誰かの一歩を踏み出す勇気になればと思います」とコメントした。授業の様子はインターネットで無料配信され、受講者以外も観覧が可能となっている。

 これまでにプロボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太、元サッカー日本代表のGK川口能活さん、DF那須大亮さんらが講師を務め、ライブ配信の視聴回数は合計8万4000回を突破するなど反響を呼んでいる。

 山田のオンラインエール授業の参加申込は現在受付中で、9日午後6時までインハイ.tvの公式ホームページ(https://sportsbull.jp/inhightv/online‐yell/about/)で募集しており、受講対象は全国高校ソフトボール部としている。

 ◆山田 恵里(やまだ・えり)1984年3月8日、神奈川県生まれ。36歳。小、中学校時代は野球をしていた。強豪の神奈川・厚木商でソフトボールを始め2、3年時にインターハイ連覇。卒業後の2002年に実業団の日立入り。リーグ1年目から本塁打王、打点王などタイトルを総なめ。18年に前人未到の通算400安打。04年アテネ五輪銅メダル、08年北京五輪金メダル。165センチ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請