【東京5R・2歳新馬】マツリダゴッホ産駒のウインアグライアが単勝万馬券で“東の一番星”に

スポーツ報知
2歳新馬 (右から)1着ウインアグライア、2着ブエナベントゥーラ、3着サンハーリンゲン

 6月6日の東京5R、2歳新馬(芝1600メートル、10頭立て)は、マツリダゴッホ産駒のウインアグライア(牝、美浦・和田雄二厩舎)が、8番人気の低評価を覆して、関東エリアでの今年最初の2歳新馬戦を制した。近親には12年の京都記念を勝ったトレイルブレイザーがいる。勝ち時計は1分37秒2。

 好スタートを決め、そのまま流れに乗って道中は3、4番手を追走。最内を通って、コーナーをロスなく運ぶと、直線では徐々に加速して、外から先に抜け出そうとした圧倒的1番人気のブエナベントゥーラ(牡、父モーリス、母ブエナビスタ)に首差競り勝った。

 横山武史騎手は「けいこの感じでは、まだ完成途上だと思っていたし、競馬も子供っぽいところがあったが、人の指示には反応が良く、実戦向きのタイプなのかな。完成途上のなかで、これだけのパフォーマンスを見せてくれました」と、うなずいた。モーリスやドゥラメンテなど新種牡馬の産駒が注目を集めていたが、伏兵が単勝1万930円の波乱を演出した。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請