開幕します(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は金曜恒例、いえいえ、最近は全く来てなかったけど、梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、今朝は西宮の自宅で5時半あたりにベッドを出て、そのまま目覚まし代わりにシャワーを浴びました。まぁ、通常通りの生活パターンなんですが、そんな時にふと子供の頃を思い出してみました。小学生まで大分県で住んでいた我が家はベッドがないために布団で生活し、シャワーなんかない風呂場だった。そういえば、トイレは最近の人は知らないであろう、「ポットン便所」なんて言われるくみ取り式の便所。う~ん、非常に古いというか、昭和臭にあふれた家でした。

 中学生の頃にオトンが家を建てたんですが、風呂場には当然シャワーがついて、寝るのもベッドに。トイレに至っては、ポットンから当時はまだそんなに普及してなかったウォシュレットへ「進化」。自分の家だというのに、最初の方はよその家にお邪魔しているような感覚に陥ったものです。

 しかし、この30年でエラく変わったもの。風呂なんてシャワーだけじゃなく、今や一人暮らしには欠かせない浴室乾燥&追いだき機能を使いまくってますからね。とはいえ、あの頃があるから、今の生活が当たり前じゃないという感覚も少しはある。何事もつらい時、苦しい時を知っている方が、ありがたみって分かるものなんですよね。

 ということで、えらい昔の生活を振り返ったところで、そろそろ本題へ。今日は復活します、週末といえば、今週の出走馬についてのお話です。

 いよいよ、現2歳世代の新馬戦がスタート。阪神では5Rで開幕日恒例の芝マイルのレースが行われます。しかし、今朝は驚きました。ずっと注目していた【ステラヴェローチェ(牡、父バゴ、母オーマイベイビー)】がまさかの取消。前回の更新分で書いたように、取材後のコンビニで会った須貝調教師が「珍しく、ドキドキしてるわ」と並々ならぬ意欲を教えてくれただけに、本当に残念な一報でした。ただ、外傷性の鼻出血ということですし、大事に至らないことを祈っています。

 さて、まずは平田厩舎の【スウィフティー(牝、父ダイワメジャー、母ボンバルリーナ)】からいきますか。正直、今週の攻め馬は地味。「思ったより、ハミを取らなかったな」と平田調教師は苦笑いを浮かべますが、「先週は併せ馬で食らいついていたし、十分に負荷はかけているからね。能力自体は感じているので」と言葉を続けました。先日のコラムでも書きましたが、平田厩舎&福永Jとのコンビでは、この開幕デーの芝マイル、4年連続で連対中。今年も記録が続くのか、ですね。

 続いては【ドナウエレン(牝、父モーリス、母ドナウブルー)】ですね。お母さんは重賞ウイナーですし、何と言ってもその妹、ジェンティルドンナの名前が目を引きますよね。「ゲート試験後の放牧で、体はひと回り、大きくなりました。乗り味はすごくいい馬です。まだ、色々な面で経験が足りないので、その点が実戦に行ってどうかだと思います」と高野調教師は期待と不安が半々といった感じ。とはいえ、メニューはしっかりとこなしていますし、父の産駒の初勝利となるのかも注目です。

 さて、高野厩舎では注目の2歳馬たちがゲート試験に合格しています。ファンディーナの全弟になる【レアリサンド(牡、父ディープインパクト、母ドリームオブジュニー)】も先週の試験で合格。お姉ちゃんよりも非常に早い始動かなとは思うんですが、「ゆっくりと時間をかけたいと思います。基礎体力をつけつつですね」と長い目で成長を促していく方針です。現状で感触のよさが伝わったのは全兄に安田記念出走のクルーガーを持つ【ヴェルナー(牡、父キングカメハメハ、母アディクティド)】かな。「いいと思いますよ。現時点で(同じ時期のクルーガーより)しっかりしているし、よく動けています」と口にしていました。

 あと、人気を集める【ステラリア(牝、父キズナ、母ポリネイター)】も感触はよかったですね。「前向きさがあって、初戦から動けると思います。条件的にも合っていると思いますよ」と斉藤崇調教師は手応えをつかんでいるようです。あとは西村厩舎の【リッケンバッカー(牡、父ロードカナロア、母シティウェルズ)】も「いいよ。能力は高い。走りが軽い。距離はもっとあってもいいぐらいだけど、まずはこの条件から」とトレーナーが力を込めていました。西村厩舎の2歳馬については、また明日にでも。

 ということで、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

東京8R・4キタサンバルカン(息の長い末脚は府中向き。しかも、距離延長もプラス。決める)

 続いては「馬券王への道 延長戦」をどうぞ。

阪神1R・12フィナールショコラ(ダートは合う、適距離2戦目で前進)

阪神8R・4セントセシリア(「前走のプラス体重はよかった。具合はよさそう」と安藤助手。内めの枠から粘り込む)

阪神9R・7アグネスリバティ(前走はスムーズさ欠いた。ここは先行策なら押し切れる)

 今日はここまで、また明日です。ではでは

有力馬の馬体写真

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請