【中日】ドラフト3位・岡野祐一郎が昨季パ王者の西武打線を4回1失点 開幕ローテに前進「思い切りよく投げ切れた」

4回1失点に抑えた中日ドラフト3位・岡野
4回1失点に抑えた中日ドラフト3位・岡野

 ◆練習試合 西武8―5中日(5日・メットライフドーム 9回特別ルール)

 中日のドラフト3位・岡野祐一郎投手(26)が昨季パ・リーグ王者の西武打線を4回1失点に抑え、開幕ローテ入りに前進した。

 圧巻だったのは2回。山川、外崎、中村を3者連続空振り三振に斬った。社会人経験者らしく冷静沈着に打者の間合いも観察。「山川選手がすごく足を引いて待っているように見えたので、3球目はクイックを投げてタイミングを外そうと思った。そういうことを考えながら投げることはできた」と、してやったりの投球も披露した。

 岡野は3回に3連打を浴び失点した場面を猛省したが、「加藤さんにいいリードをしていただいた。両方のコースにしっかり、多少甘くなった場面もあったんですけど、思い切り投げられた」と手応え十分の投球内容を振り返った。試合後、与田監督は岡野の開幕ローテ入りに「これから決めます」と明言は避けたが「非常にテンポが良かった。ボールを低めに集めること、体全体を使ってボールを低めに集めることがよくできていた」と高評価した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請