初のタイトル戦に臨む藤井聡太七段にとっての「5つの好条件」とは。和服は「まだ考えてません…」

タイトル初挑戦を決めた藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)
タイトル初挑戦を決めた藤井聡太七段(代表撮影・日本将棋連盟)

 将棋の藤井聡太七段(17)が4日に史上最年少のタイトル挑戦を決めて一夜明けたばかりだが、わずか中3日の8日には棋聖戦5番勝負が開幕する。初の大舞台に上がり、第一人者の渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=を相手にどんなパフォーマンスを披露するか注目されるが、藤井にとって望ましいと思われる好条件が5つある。以下に列挙する。

 〈1〉5番勝負

 8大棋戦のタイトル戦は5番勝負、あるいは7番勝負で行われる(女流7大棋戦は3番勝負か5番勝負)。7番勝負なら4戦先勝制で、棋聖戦などの5番勝負は3戦先勝制で争われる。

 「7」と「5」には似て非なる性質がある。第一人者を相手に4つの白星を集めるのは常に至難の業だが、3つならば1勝の価値は大きくなる。仮に開幕局を制せば、残り4局で3つ勝たなくてはならない重圧を相手側に掛けられる。8日の第1局が最大のカギを握ることは間違いないだろう。

 〈2〉1日制

 同様に、8大棋戦のタイトル戦は1日制(一局の将棋を1日で指す)か2日制(一局の将棋を2日間かけて指す)に分かれる(叡王戦のみ変則的に1日に2局を指すことがある)。2日制はタイトル戦のみの対局形式で、1日目の終わりには「封じ手」(考慮時間の有利不利を避けるための儀式。1日目の最後に手番を持った側が次の指し手を相手に明かさないまま紙に記入し、立会人に手渡す。2日目の対局再開時に開封し、指し手が明かされてから対局が再開される)が行われる。

 封じ手をめぐっては、どちらが、どのタイミングで指し手を封じるかという細部について多くの駆け引きがある。経験のない初挑戦者には難しい部分だが、棋聖戦は1日制のため封じ手はない。普段と変わらない環境で指すことになる。

 〈3〉持ち時間

 棋聖戦5番勝負の持ち時間は各4時間。4日の挑戦者決定戦と変わらない。タイトル戦では名人戦の各9時間を筆頭に、通常より持ち時間が長くなるのが普通。未経験のタイムマネジメント力が問われるケースが多いが、棋聖戦は通常対局と変わらない。

 〈4〉対局場所

 今期の棋聖戦5番勝負は、5局のうち4局が東西の将棋会館で行われる(第3局は東京都千代田区の都市センターホテル)。タイトル戦は全国各地の旅館やホテルなどを転戦するのが通例で、対局前日の移動日には地元関係者を交えた前夜祭などのイベントも行われる。ファンと触れ合える機会は棋士にとって有難い時間だが、初挑戦者に関しては環境の変化に気疲れしたり、完璧な集中を維持できないケースもある。いつもとは異なる対局室で、使用する盤駒も初めてのものということもある。

 しかし、今回は新型コロナウイルス感染防止のため、地方遠征はない。タイトル戦らしい華が失われてしまった一方で、対局に集中できる環境が整っているとも言える。

 〈5〉名人戦

 棋聖戦5番勝負と並行して、10日に名人戦7番勝負が開幕する。豊島将之名人(30)=竜王=に挑戦するのは、他でもない渡辺棋聖である。

 渡辺にとって悲願の名人初挑戦となる。歴代5位のタイトル獲得通算25期を誇る渡辺に名人挑戦の経験がなかったのは大いなる謎でもあったが、ついにデビュー20年にして実現した。江戸時代から継承されてきた伝統のタイトル。渡辺に期するものは間違いなくあるはずで、当然ながら棋聖戦のみに集中できる状況ではない。

 以上5点は、藤井にとって好条件と言っても過言にはならないが、いずれにせよ、渡辺を相手に5戦して3勝を挙げることは全棋士にとって極めて難易度の高いハードルであることに違いはない。今年2~3月の棋王戦5番勝負では、初挑戦の俊英・本田奎五段(22)を3勝1敗で下している。勝った3局は力の差を見せつける圧勝だった。

 ちなみに、タイトル戦では和服で対局に臨むことも恒例になっている。いつもとは違う勝負服を着るため、不慣れな初挑戦者には悪条件になるとされてきた。

 藤井はどうするのだろう。4日夜、将棋会館を出る直前に聞くと、笑顔で答えた。

 「いや…まだ何も考えていません…」

 中3日で間に合うのだろうかと思ってしまったが、過去に公開対局やイベント、撮影などで袖を通したことはある。まず第一に、和服を着なくてはいけないルールはない。着慣れたスーツを選ぶ可能性もある。

 様々な要素を挙げたが、どんな環境であれ、どんな条件であれ、藤井聡太という棋士はどんな大勝負にも自然体のまま臨むような気もする。その素養は、彼を17歳でのタイトル戦に導いた原動力のひとつでもある。(北野 新太)

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請