宮根誠司氏、小池都知事の「夜の街」対策に注文「なるべく細かく(情報を)出してもらった方が…」

スポーツ報知
宮根誠司氏

 5日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

 番組では、小池百合子都知事(67)の定例会見を速報。東京アラートを発動した同知事がこの日夜、新宿・歌舞伎町で注意喚起の呼びかけを行うことを取り上げた。

 宮根誠司キャスター(57)は「呼びかけてもお店は開いていますからね。プレッシャーを感じるのがいいのか、感じないのがいいのか」と、まずコメント。

 その上で「未知のウイルスなんで、失敗から学ばなければならないところがある。夜の街のどういう場所で、どういうシチュエーションでクラスターが発生したのかが分かれば、我々は自己責任として、それを避けることができる。プライバシーを守りながら、なるべく細かく(情報を)出してもらった方が、お店も開いている以上は…」と問題提起した宮根氏。

 コメンテーターでリモート出演した感染症の専門家・三鴨廣繁氏も「(小池知事の指摘する)『夜の街』と言われても、具体的にどういう行動が悪いのか、中々、イメージがピンと来ません。できるだけ個人情報を保護しながら、こういうシチュエーションが危険だったんだと言うのを明らかにしていただくと、例え夜の街に行っても、気をつけることができると思います」とした。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請