“髭男”ビルボード上半期2冠 「Pretender」総合ソングチャート1位、アーティストランキングも制す

2冠を達成し確かな人気を示したOfficial髭男dism
2冠を達成し確かな人気を示したOfficial髭男dism
ビルボード20年上半期総合ソングチャート
ビルボード20年上半期総合ソングチャート

 4人組バンド「Official髭男dism」のヒット曲「Pretender」が、CD売り上げやダウンロード数など8指標を合算した「ビルボードジャパン Hot100」の2020年上半期総合ソングチャートで1位を獲得したことが4日、分かった。ソングチャートとアルバムチャートのポイントを合算したアーティストランキングでも1位を記録し、2冠となった。

 「Pretender」は2枚目のシングルとして、19年5月に発売。昨年の年間ソングチャートでも3位を獲得したが、大みそかのNHK紅白歌合戦で歌唱すると、新たなファン層を獲得。今年1月にストリーミング総再生回数が史上初の2億回を突破した。

 また2位も髭男の「I LOVE・・・」で1~2位を独占。さらに「宿命」(5位)、「イエスタデイ」(7位)と合わせて計4曲がトップ10入りする快挙となった。ボーカルの藤原聡(28)は「こんなにもたくさん愛してもらえる曲が自分たちのバンド人生の中で生まれたということを幸せに思っています」とコメントを寄せた。

 また、総合アルバムチャートは4人組バンド「King Gnu」の「CEREMONY」が1位を獲得。アニメソングチャート1位は「鬼滅の刃」の主題歌としてヒットしたLiSAの「紅蓮華」だった。

2冠を達成し確かな人気を示したOfficial髭男dism
ビルボード20年上半期総合ソングチャート
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請