中谷潤人、スパーリング再開「気持ちいい」2か月半ぶり実戦練習

2か月半ぶりの本格スパーリングを行った中谷(右)
2か月半ぶりの本格スパーリングを行った中谷(右)

 プロボクシングWBO世界フライ級3位で前日本同級王者・中谷潤人(22)=M・T=が4日、相模原市の所属ジムで、本格的なスパーリングを再開した。3月中旬以来の本格的な実戦練習で、いきなり8回を消化した。

 「気持ちいいですね。イメージどおりにできました」と心地よく汗をぬぐった中谷。スパー相手の後輩に胸を貸すため、急きょ3回追加で「最後はちょっと疲れました」と苦笑いしながらも、満足そうだった。4月4日に予定された同1位ジーメル・マグラモ(25)=フィリピン=との世界王座決定戦が延期に。WBOが8月初旬の試合を示唆したが、いつでも試合できるよう、コロナ禍でも「今はできることをやるしかない。やりきれば自信にもなる」と個人練習は続けてきた。マスクをつけての練習は低酸素トレ効果もあり、実戦練習再開に備えられた。

 スパーではマスクこそできないが、ジムのドアや窓は全開。更衣室は次亜塩素酸水で空間除菌するなどの対策を取った。「応援して下さる方に勇気と元気を与えられたら。世界王者になります」。中谷の言葉には2か月半前よりも力がこもっていた。(谷口 隆俊)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請