藤井聡太七段に最年少タイトル挑戦記録破られた屋敷伸之九段「想像を超えた大棋士になる」

屋敷伸之九段
屋敷伸之九段
棋聖戦挑戦者決定トーナメント表
棋聖戦挑戦者決定トーナメント表

 将棋の藤井聡太七段(17)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=に後手番の100手で勝ち、渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=への挑戦権を獲得。タイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに塗り替えた。

 従来のタイトル挑戦年少記録は屋敷伸之九段(48)が四段だった1989年度の第55期棋聖戦で中原誠棋聖(当時)に挑戦した時の17歳10か月24日。藤井七段は5番勝負第1局が行われる8日時点で17歳10か月20日のため、わずか4日分更新した。

 31年間保持していた記録を更新された屋敷九段がスポーツ報知の緊急取材に応じ、藤井七段について「想像を超える大棋士になる」と賛辞を送った。

 ―ついに藤井七段がタイトルの大舞台に登場します。

 「藤井七段は勝率も高いし棋戦優勝の経験もあるので、タイトル挑戦はいつでもできる力があると思っていました。今後は獲得が注目されると思います」

 ―以前と比較して現状の力をどう見ているのでしょう。

 「もちろん強くなっていると思います。個性や将棋のつくり自体はそんなに変わりなく、全体的な力がパワーアップしている感じですね。安定感があり、しっかりと勝っている印象です」

 ―記録を破られてしまいましたが…。

 「個人的には特に思いはありません。もちろん名誉な記録ではありますが、記録を更新するような若い方が出てくるのはいいことです。将棋界としては藤井七段が数々の記録を更新して盛り上がっていくのはとてもいいこと。藤井さんに続く子供たちの励みになっていけば、今後の将棋界にとっては明るい材料になります。自分にとっては30年くらい前の記録がこのような形で取り上げていただいているのでありがたいですよ」

 ―17歳当時の挑戦権獲得とタイトル戦での記憶はどのようなものなのでしょう。

 「信じられない思いでした。格上の高橋道雄先生に勝って挑戦できたので驚きました。(5番勝負は)緊張しましたが、今となってはいい経験をさせていただきました。超一流の中原誠先生と各地でタイトル戦を戦えましたのは貴重な財産です。ただ無我夢中で無心で挑んでそれなりに善戦(2勝3敗で敗退)しましたが、やはり実力が足りませんでした」

 ―翌年には再び中原棋聖に挑み、史上最年少でタイトルを獲得されました。

 「もちろん名誉なことですし、喜びもありましたが、反面、タイトル保持者のプレッシャーと良い将棋を指さなければいけない責任感もあって、気持ちのバランスの取り方が難しかったです」

 ―今後の藤井七段にどのような期待を。

 「想像を超える大棋士になるとは思います。これだけ注目される中でのマスコミへの対応力も素晴らしいです。今後も注目され続けられるでしょうが、その中でどのくらい強くなっていくのか楽しみです。私も長く現役を続けて少しでも多く藤井七段と対局できるよう精進していきたいですね」

屋敷伸之九段
棋聖戦挑戦者決定トーナメント表
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請