将棋連盟・佐藤康光会長 藤井七段の最年少タイトル挑戦に「大変な快挙」

藤井聡太七段
藤井聡太七段

 将棋の高校生棋士・藤井聡太七段(17)が4日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第91期棋聖戦挑戦者決定戦・永瀬拓矢2冠(27)=叡王、王座=に後手で勝ち、渡辺明棋聖(36)=棋王、王将=への挑戦権を獲得。タイトル挑戦の最年少記録を31年ぶりに更新する偉業を成し遂げた。

 自らも20歳時にタイトル初挑戦した経験を持つ日本将棋連盟会長の佐藤康光九段(50)は「史上最年少の挑戦ということで大変な快挙だと思います」と賛辞を送った。8日の棋聖戦第1局に向け「渡辺棋聖との5番勝負、大変な話題を集めることとなりますが、藤井七段の番勝負の中での日々の成長、進化の過程に注目していきたいと思います」と組織のトップとして期待を寄せていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請