【オリックス】開幕最有力の山岡泰輔が明日5日の広島戦先発へ「準備をしっかりしていく」

囲み取材のためにマスクをつける山岡泰輔
囲み取材のためにマスクをつける山岡泰輔

 オリックスの山岡泰輔投手(24)が4日、京セラドーム大阪で全体練習に参加し、先発予定の明日5日の広島戦(京セラD)に向けた意気込みを明かした。

 3月13日の阪神戦以来となる対外試合に、山岡は「自チーム相手ではないので、バッターに対しての確認をしたい。(登板イニングは)自分で行きたいところまででいいよ、と言われているので。5回まで行くかもしれないし、球数次第じゃないですかね」と見通しを語った。

 新型コロナウイルス感染拡大のため自主練習が続き、約2か月半ぶりの実戦となった先月26日の紅白戦では先発して2回3安打1失点。それ以来の登板に「(紅白戦は)結構、前になるので。もう1回バッターと勝負できる状況をつくりたい。調子は別に悪くないですし、あとはバッターの反応を見たいな、というのはあります。結果というよりは、自分がやってきたことを出せればなと。その結果がどうであれ、それを次の試合に修正してオープン戦(練習試合)が終わればいいかなと思います」とポイントを挙げた。

 当初開幕予定だった「3・20」では、2年連続となる大役が決まっていた。コロナ禍で流れたが、新たに決まった「6・19」の開幕は同じ楽天戦。昨季、先発7試合で6勝1敗、防御率2・12と得意にした相手だけに、再び指名されることが有力視されている。

 もちろん、エース右腕もそのつもり。「自主トレ期間でやってきたことをしっかり出せるように。そこに向けて、準備をしっかりしていくことが大事かなと。焦りすぎずやっていきたいなと思っています」と静かに闘志をたぎらせた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請