【ロッテ】朗希、実戦デビューは開幕後へ…練習試合期間中の登板は見送り

ロッテ・佐々木朗希の実戦デビューは開幕後へ
ロッテ・佐々木朗希の実戦デビューは開幕後へ

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)の練習期間中の実戦デビューが見送られることが決まった。4日の練習試合・日本ハム戦(ZOZO)の試合後に井口監督が「肉体的だったり、疲労も抜けづらくなっている。今回の練習試合は見送ろうかなと思う」と明かした。

 佐々木朗は5月26日にシート打撃に登板し、打者3人に対し11球を投げ、プロ入り後では最速の160キロを2度もマーク。その直前に指揮官は「何度か登板機会はあると思う」と1軍練習試合期間中の実戦デビューを明言していたが、この日の代表取材で「シートで投げてから、体調面でまだ戻らないところもある。再度調整してもらって、フォームもまだ固まっていない部分もあるので、しっかりと作り直してやっていけたら。急ぐ必要はないと思うし、徐々にレベルアップしていけたら」と話した。

 佐々木朗は今後も1軍に帯同して練習を続けていく。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請