WBC世界王者がズラリ…寺地拳四朗ら一致団結で世界平和をアピール

インスタグラムより@wbcboxing
インスタグラムより@wbcboxing

 プロボクシング主要団体の一つ、WBCは3日(日本時間4日)、SNS各種で「平和のための団結(UNITED FOR PEACE)」をアピールするため、地球を現役世界チャンピオンたちがグルリと囲むデザイン画を公表した。

 イラストは、黒人男性の死亡事件に対する抗議デモが拡大する米国のある北米大陸を中心に置いて、その地球の周りに21人の現役世界チャンピオンが並んでいる。ライトフライ級(48・9キロ以下)王者の寺地拳四朗(BMB)は向かって左側の、時計の9時の位置にいる赤いグラブをつけた選手のすぐ上にいる。

 WBCのマウリシオ・スレイマン代表は「我々はチャンピオンたちを誇りに思う。彼らはバックグラウンド(背景)、国、宗教、特徴はそれぞれ違うけど、『ひとつ』になって一緒に立っている。団結する力に限界はない。彼らは世界を代表し、平和のためにともに立つ」と訴えている。

 別の画像では、「我々は仲間 我々は人生のチャンピオン 我々は強いが思いやりがある 我々は激しく戦うがクリーンに 我々は恭しく、兄弟愛に満ちている 我々は平和のために団結する」の言葉が黒地に白文字でつづられている。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請