土性沙羅「名言心に刺さる」愛読マンガへのあふれる思い語る

土性沙羅
土性沙羅

 外出自粛を続けていたアスリートが、取材で明かしたり、自身のSNSで発信したお気に入り、おすすめの本&漫画を紹介する。2016年リオ五輪レスリング女子69キロ級金メダリストの土性沙羅(25)=東新住建=は、スポーツ報知の書面での取材に応じ、人気漫画2作品への熱い思いを語った。

 * * *

 たぶん漫画を読み始めて一番最初に好きになったのがONE PIECEです。ギャグのような笑える面白い場面があったり、涙が出るほど感動する場面もあって読んでいて楽しい。

 あとはキャラクター一人一人の壮絶な過去だったり、名言が心に刺さります。好きなキャラクターはゾロ! どの漫画、アニメ合わせても、その中で一番ゾロが好きです! たぶん小学生の頃から。言動、全てがかっこいいです。好きな場面は、メリー号と最後のお別れのシーン。いくつもの試練を乗り越え、共に長い旅をしてきたメリー号との別れは、何度も読んで何度も泣きました。

 NARUTOは、主人公のナルトが昔の自分と少しかぶっているなと感じていました。ナルトみたいにつらい過去を持っているわけじゃないけれど、何をやっても、なかなかうまくできない落ちこぼれと言われていたナルトが里で一番の忍び火影になった。昔の私もレスリングで全然勝てず、言われてもできない落ちこぼれのような感じだったので、勝手にちょっと似てるなと感じながら読んでいた部分がありました(笑い)。

 あとは仲間の大切さや、キャラクター一人一人の成長、家族との愛とか本当に感動する場面が多くて、ワンピースとかぶるんですけど心に刺さる名言もとっても多いです! あと、めちゃくちゃ絵がきれいです。

 NARUTOの中で好きなキャラクターはシカマル。「めんどくせー」っていうのが口癖だけど、頭が良くてやる時はバシッと決めてくるところがかっこいいです! 好きな場面は、ナルトのお父さんとお母さんが命懸けでナルトを九尾から守ったところ。親から愛されていなかったと思っていたナルトだけど、ちゃんと愛されていたと分かったシーンは何回読んでも泣けます。

 「ONE PIECE」(尾田栄一郎著、集英社) 週刊少年ジャンプで1997年から連載中。2015年に「1人の作者が描いたコミック累計発行部数が世界最多」としてギネス世界記録に認定。

 「NARUTO―ナルト―」(岸本斉史著、集英社) 週刊少年ジャンプで99年から14年まで連載。全700話で、単行本は全72巻と外伝1巻。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請