【楽天】涌井秀章、貫禄の3回完全「もともと不安とかもなかった」

先発した涌井は3回をパーフェクトに抑える好投を見せた(カメラ・生澤 英里香)
先発した涌井は3回をパーフェクトに抑える好投を見せた(カメラ・生澤 英里香)

◆練習試合 DeNA1―7楽天(3日・横浜)

 楽天・涌井秀章が3日、DeNAとの練習試合(横浜)に先発し、3回をパーフェクトに抑えた。3月15日の巨人とのオープン戦(東京D)以来の実戦登板ながら圧巻の投球を披露。変則的なシーズンで、ベテランが移籍1年目からローテを支える。

 冷静に腕を振り、好調ぶりを示す41球だった。走者を一人も出さずに迎えた3回2死。乙坂をスライダーで空振り三振に仕留めると、涌井は汗を拭い、ゆっくりとベンチへ歩を進めた。3回をパーフェクト。80日ぶりの実戦登板だったが「もともと不安とかもなかった。スムーズにいけて、それが一番良かった」と納得の表情で振り返った。

 初回は先頭・梶谷、ソトをともに二ゴロに封じると、前日(2日)に場外弾を放っていたオースティンにはこの日最速タイの146キロ直球で二飛に。その後も「スピードもある程度出ていたので、いい内容だったんじゃないかと思う」とキレのある直球と多彩な変化球で凡打の山を築いた。

  • 3回を投げ終え、チームメートからの声かけに手を上げ て応える涌井(左)

    3回を投げ終え、チームメートからの声かけに手を上げ て応える涌井(左)

 開幕への調整が難しい中でも、最善の準備を続けている。新型コロナに細心の注意を払うチームは3月30日から活動を休止し、自主練習再開は12球団で最も遅い5月8日だった。再開後は遠投や走り込みなど「ミニキャンプ的なこと」も行っていた。

 自主トレ中の姿を見つめていた三木監督も「素晴らしい自主トレをしていた。妥協せず、考えて行動を取っている。他の選手もアドバイスをもらいに行ったり、同じ練習に参加していた。涌井のことを見て、若い選手だけではなくて経験を持った選手もいろんなヒントになると思う」と感服。己を磨きながら、移籍1年目から自然とチームに好影響をもたらしている。

  • 楽天の開幕ローテ争い

    楽天の開幕ローテ争い

 指揮官は「たくさん登板してもらって、抑えてもらって、イニングも投げてほしい」とローテでフル回転も期待する。涌井も「徐々に良くなっていければ。次回結果を残して、監督に(今季初登板は)『この日だぞ』と言われてから気持ちも上がってくると思う。今はひとまず試合をやれていることに感謝しながら、ホッとしている」と力を込めた。プロ16年目のシーズン開幕へ、視界は良好だ。(田中 哲)

先発した涌井は3回をパーフェクトに抑える好投を見せた(カメラ・生澤 英里香)
3回を投げ終え、チームメートからの声かけに手を上げ て応える涌井(左)
楽天の開幕ローテ争い
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請