大林宣彦監督の遺作、映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」の公開日が7月31日に決定

スポーツ報知
大林宣彦監督の遺作「海辺の映画館―キネマの玉手箱」のポスター

 4月10日に死去した映画監督の大林宣彦さん(享年82)の遺作となる映画「海辺の映画館―キネマの玉手箱」の公開日が3日、7月31日に決まった。

 大林監督が20年ぶりに「転校生」(82年)、「時をかける少女」(83年)「さびしんぼう」(85年)の尾道三部作でも知られる地元の広島県尾道市で撮影した意欲作。当初は監督が亡くなった4月10日が公開日だったが、コロナ禍で延期となっていた。尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」が閉館することになり、映画を見に来ていた3人の若者がスクリーンに吸い込まれる奇想天外な物語。大林監督の平和を願うメッセージが込められている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請