【阪神】藤川球児、腰の張りで緊急降板…矢野監督は「大きなけがになる感じじゃない」

5回1死一塁、ベンチに戻る阪神2番手の藤川球児(中央奥、中央手前は福原忍コーチ)(カメラ・渡辺 了文)
5回1死一塁、ベンチに戻る阪神2番手の藤川球児(中央奥、中央手前は福原忍コーチ)(カメラ・渡辺 了文)

◆練習試合 阪神10―3広島(3日・甲子園)

 阪神・藤川球児投手(39)が5回から登板したが、1/3回を3安打2失点で緊急降板した。球団は「投球中に『腰の張り』を感じたため」と発表。大事をとっての処置で、4日以降の練習は様子を見て判断する。矢野監督は「今の段階では大きなけがになる感じじゃないと思っている」と説明した。

 先頭の西川に左前打を許すと、メヒアに左翼席へ先制の特大2ランを浴びた。なおも1死一塁から9番・堂林への4球目を投げたところで福原投手コーチとトレーナーがマウンドへ。少し話してベンチ裏に下がると、そのまま指揮官が交代を告げた。最速147キロを計測したが、投球後に足もとを気にする場面もあった。この日は今季からリードした最終回の登板時に流れる「火の玉ストレート」をイメージしたビデオが初公開されたが、日米通算250セーブまで7つに迫る守護神に思わぬ事態が起きた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請