【西武】巨人からコロナ陽性…飯田本部長「現状は検査を予定していない」

 巨人の坂本と大城が3日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たことを受け、西武の飯田光男本部長がオンライン取材に応じた。

 西武は、前日2日に東京Dで巨人と練習試合を実施。陽性反応が出た坂本と大城は先発出場していたが、球団は現時点でのPCR検査、抗体検査等は行わないとのこと。同本部長は「濃厚接触者はライオンズにはいないと聞いてるので、検査は今のところは予定していない。西武としては、東京Dに行った選手、スタッフ等にはヒアリングを進めている」と説明した。

 6月19日の公式戦開幕に向けて、2日に練習試合を再開させたばかり。この日も午後2時から東京Dで練習試合を行う予定だったが、試合開始1時間前に中止を発表。辻監督やコーチ、選手らは午前9時半ごろ球場入りしたが、練習を行わず午前11時半ごろに帰宅した。

 現時点で、チームから体調不良者は出ておらず、検査希望の選手はいないが、申し出があれば「直接、選手本人と話しながら、必要なケアやフォローは検討していく」と対応策を示した。今後予定されている4日のチーム練習と、5日からメットライフでの中日との練習試合は、予定通り実施する予定だ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請