馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 阪神 函館

【安田記念】ダノンキングリー、切れ味絶品!G1馬ノームコアを圧倒!

戸崎を背に抜群の伸び脚を見せたダノンキングリー
戸崎を背に抜群の伸び脚を見せたダノンキングリー

◆安田記念追い切り(3日・美浦トレセン)

 持ち前の切れ味が、さらに威力を増してきた。美浦・Wコースで戸崎が騎乗し、6ハロンから始動したダノンキングリー。5馬身ほど前を行くノームコア(5歳オープン、安田記念出走)を目標に、スムーズに加速する。3、4角で内に進路を取り、最後の直線を回って並びかけた時に気合をつけられると、ギアが一段上がってスッと引き離した。81秒3―12秒2。G1馬を相手に、豪快な走りで駆け抜けた。

 「早めにエンジンがかかり、早めに行きすぎましたけど、いい動き。動きすぎましたね。力がついているから」と戸崎は実に頼もしそう。萩原調教師も「実戦想定で乗ってもらいました。動き自体は良かったですね」と不満はない。

 昨年は皐月賞がタイム差なしの3着、日本ダービーが首差2着と世代トップの実力の持ち主。初のG1奪取へ、ベストと思われる舞台での戦いだ。「(前走の)2000メートルよりは1600メートルの方がいい」と萩原師。「(東京の)1600メートルでデビューして、切れ味が良かったですからね」と持ち味全開を期待する。

 戸崎は昨年11月4日の落馬で、右肘開放骨折の重傷を負った。5月23日に復帰して、4走ぶりのコンビとなる。「この一戦に間に合ったのは幸せ。(騎乗の)感覚は取り戻してきたし、以前のイメージが湧いてきています。G1はもう少しのところまで来ている馬だし、勝ち切りたい」。その言葉が現実となった時、喜び倍増の幸せが押し寄せる。(春木 宏夫)

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請