馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  福島 阪神 函館

【安田記念】インディチャンプ、JRA芝マイルG1・3連勝へ極上仕上げ 音無調教師「今回は10割」

アメリカズカップ(右)を突き放しにかかるインディチャンプは迫力満点
アメリカズカップ(右)を突き放しにかかるインディチャンプは迫力満点

◆安田記念追い切り(3日・栗東トレセン)

 第70回安田記念・G1の追い切りが3日、東西トレセンで行われた。昨年の春秋マイル王、インディチャンプは栗東・坂路の併せ馬で抜群の瞬発力を披露した。

 さらに一段、上のレベルを求めての“攻め”だった。インディチャンプは栗東・坂路でアメリカズカップ(6歳オープン)を1馬身追走。ラスト1ハロンで馬体を並べると、仕掛けてからの瞬発力がすごかった。僚馬を一瞬でかわした後も、どこまでも突き放しそうな伸び脚を繰り出し、迫力あふれるフォームでトップスピードでのフィニッシュ。51秒6―12秒7で3馬身先着した動きに、「去年より、いい状態になっていると思う。相手が強いから、それを意識した仕上げです」と音無調教師が力を込めた。

 元々、時計は出るタイプ。ただ、直前まで馬体を絞ることに苦心した前走以外、レース当週の最終追い切りはラスト100メートルあたりで手綱を動かし、軽く気合をつける形が多かった。今回はラスト1ハロンからしっかりと負荷をかけ、最後まで脚を伸ばす内容。時計以上に中身が濃い。「先週より良かったような感じがします。今週やれたというのも、状態がいいからこそ。昨年と遜色ない出来にあります」と普段から調教をつけ、この日も手綱を執った生野助手が太鼓判を押す。

 勝てば、史上最多タイとなるJRA古馬混合芝マイルG1・3勝目。しかも、昨春からの3連覇だ。注目がアーモンドアイに集まり、「胸を借りるつもりで頑張りたい」と音無調教師も口にしながら、愛馬に寄せる信頼は揺るぎない。「前走も8割以上(の仕上げ)だが、今回は10割に持っていくように調整。ソラを使う面があるので、アーモンドと並んで運べるような形になれば」。マイル路線を引っ張ってきた極上の瞬発力で、歴代の名馬たちに肩を並べる。(山本 武志)

 <福永「負けたくない」今週も主役だ>

 今週も府中の主役になる。先週は単勝1・4倍の圧倒的人気だったコントレイルで2度目のダービー制覇を成し遂げた福永が、今週はインディチャンプと連覇を狙う。「いい波に乗りたいですね」と言葉に力を込めた。

 初コンビを組んだ18年夏の条件馬時代から一戦ごとに理解を深め、特に課題のあった発馬と折り合い面を修正してきた。「スタートも随分とよくなったし、瞬発力を好位からでも生かせるようになったのは大きな強み」と確かな成長を感じ取る。

 今回はアーモンドアイという巨大な壁がそびえ立つが、気後れは全くない。「アーモンドアイは強いけど、インディチャンプがチャンピオンホースという自覚もある。負けたくないという強い気持ちを持って臨みたい」。自信と信頼を手綱に乗せ、強敵相手に昨年の再現を演じる。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請