「壊れちゃうよ」 セナに大笑いされた思い出 忘れられない、命落としたカーブ試走

アイルトン・セナ
アイルトン・セナ
ブラジル・サンパウロにあるアイルトン・セナのお墓(1995年撮影)
ブラジル・サンパウロにあるアイルトン・セナのお墓(1995年撮影)

 自動車レースの最高峰、F1グランプリ(GP)シリーズで“音速の貴公子”と呼ばれた故アイルトン・セナ(ブラジル)。何度かレース取材をしたが、マクラーレン・ホンダのマシンに乗って、ナイジェル・マンセル(英国、ウィリアムズ・ルノー)と残り3周の“テイル・トゥ・ノーズ”デッドヒートを繰り広げた1992年のモナコGPは今も鮮明に脳裏にある。

 セナに関して、鮮明に覚えていることはまだ、ある。1991年の日本GPに出場するため、成田空港に到着したセナは、マクラーレン・ホンダの同僚ゲルハルト・ベルガー(オーストリア)と一緒に新幹線で名古屋へ移動。そこから車で鈴鹿サーキット入りしたのだが、会社からセナとの同乗取材指令が。思い切ってセナと同じグリーン車に乗って、機会をうかがった。当日のグリーン車はなぜかすいていて、セナ一行と報知の記者だけ。だが、車両の端と端に着席しており、これでは何のための“箱乗り”か分からない。トイレに行こうとセナの座席方向に歩いてドアを抜けると、そこにはファンがサインや写真撮影の機会を狙っていた。

 ある女性ファンがもじもじしていたので「一緒に頼んでみよう」と、恐る恐る、つたない英語でお願いすると、セナは貴公子といわれるだけあって、笑顔で「いいよ」とニッコリ。何と、セナはその女性を膝の上に乗せて撮影に応じたのだ。最高のシャッターチャンスと、自分のカメラのシャッターも切った。調子に乗って「今度は僕を乗せて」と、体重90キロ超の記者が頼むと、さすがにセナは「NO」と拒否。それでも「だって壊れちゃうから」と大笑いすると、騒々しい撮影に苦虫をかみ潰していたベルガーもニヤリ。2人とも、いっぺんで好きになった。ちなみに、そのレースでセナは2位。優勝はベルガーだった。

 翌年の日本GPも取材したのだが、その時は、パドック裏で取材していて、セナが囲み取材に応じていると聞いて、すっ飛んでいったところ、コンクリートの地面に足が取られ転倒。運悪くセナの真ん前で、思い切り大笑いされた。セナには笑われてばかりだ。

 そして、衝撃の1994年5月1日、サンマリノGP決勝は日本で見た。フジテレビで衛星回線でレース模様を取材させてもらったのだが、セナはイモラ・サーキットの「タンブレロ」と呼ばれる高速カーブに時速約300キロで突っ込んだ。緩く左へカーブするところをそのまままっすぐ突っ切って壁に激突したのだ。そこは89年、フェラーリ時代のベルガーが激突、炎上した場所だった。ボローニャ市内の病院で医師が発表した「脳の機能は停止しました。前頭部へ受けた衝撃はあまりにひどかった」とのコメントはあまりに生々しかった。

 実は、そのタンブレロを車で走行したことがあった。1992年、サンマリノGPを取材するため、レース2日前に現地入りして準備。サーキットには報道陣もほとんどいなかったため、F1関係者がコースを車で試走することを許してくれたのだ。試走車に同乗した記者は大興奮。めったにF1コースなど経験できるものではないからだ。「試走記」には、「(スタート直後の)ストレートの路面状態は良く、スピードに乗る」とある。さらにタンブレロについても書いていた。記者の車は時速80キロで入ったが、「タンブレロは緩めに左に折れるが、左に流される力が強い」とリポート。「前週のテスト走行でウィリアムズ・ルノーのリカルド・パトレーゼ(イタリア)がクラッシュした後が生々しく残っている」と何やら予感めいても書いていた。

 さらに、今でも覚えているのは、最初のストレート以外は、凸凹している感じでわだちにタイヤが取られるような感触。最高のテクニックを持ち合わせるF1パイロットだからこそ高速で走りきることができるのだと思った。セナの事故は、そんな嫌な感触がまだ残っていたから、何とも生々しく感じた。

 翌年、ブラジル・サンパウロでサッカー取材をしたことから、時間を見つけてセナの眠るモルンビーに墓参りに行った。地面にプレートが埋め込まれた墓には花とブラジル国旗。そういえば、92年のモナコでは、食堂スペースで、セナの隣の席で、ご飯にふりかけをかけて食べていて、不思議そうな顔で見られた思い出もあった。短い時間で、笑われてばかりだったけど、スーパースターとの共通の時間は生涯忘れられない。

(記者コラム・谷口 隆俊)

アイルトン・セナ
ブラジル・サンパウロにあるアイルトン・セナのお墓(1995年撮影)
すべての写真を見る 2枚

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請