【巨人】坂本勇人、大城卓三の新型コロナ「微陽性」を発表…判明までの経緯の詳細

坂本勇人(左)と大城卓三
坂本勇人(左)と大城卓三

 巨人は3日、坂本勇人内野手(31)と大城卓三捕手(27)が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性判定が出たと発表した。

 プロ野球は3か月遅れとなる6月19日の公式戦開幕に向け、前日2日に練習試合を再開。巨人は東京Dで西武戦を行い、坂本は「4番・ショート」、大城は「7番・キャッチャー」でスタメン出場していた。

 当初は3日も東京Dで午後2時から西武との練習試合が予定されていたが、開始約1時間前に巨人が中止を発表。理由は追って説明するとされていた。

 球団は判明までの経緯の詳細を明らかにした。

 それによると、球団は1、2、3軍の全91選手や首脳陣、スタッフら総勢約220人に希望を募った上で、希望者全員について新型コロナウイルスの抗体検査を実施。5月29~31日までに希望者全員218人の採血を実施した。そのうち、選手やスタッフ計4人について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認された。

 このため球団はその4人について、2日の夕方にPCR検査を実施。3日午前に坂本、大城の2名について陽性判定の連絡があり、管轄の保健所に連絡した。

 2人の新型コロナウイルス遺伝子量(CT値)は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上に、ともに回復を示す「IgG抗体」を持っていることから、専門家からは2人ともに感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ている。

 2人は入院し、4日以降に保健所の指導に従って連日PCR検査を実施し、陰性が確認でき次第、早期のチーム合流を目指す。

 2人は3月下旬以降、体調に何も問題なく、味覚嗅覚の異常も感じていない。検査から2週間前にさかのぼって日常の行動確認をしたところ、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城は5月28日にチームメート2人と2時間、夕食をとった以外、外食も夜の外出も一切していないという。

 現在、坂本と大城2人との濃厚接触者は保健所が特定を急いでいるが、球団としては「1メートル以内で15分以上会話をした」者を中心に26名について3日にPCR検査を実施。これ以外の1軍メンバー、スタッフなどについては4日にPCR検査を実施するという。

 ◆坂本 勇人(さかもと・はやと)1988年12月14日、兵庫県生まれ。31歳。小学1年から野球を始め「昆陽里(こやのさと)タイガース」では投手。捕手だった田中将大(現ヤンキース)とバッテリーを組んだ。青森・光星学院高から06年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。12年最多安打、16年に首位打者と最高出塁率。186センチ、85キロ。右投右打。

 ◆大城 卓三(おおしろ・たくみ)1993年2月11日、沖縄・那覇市生まれ。27歳。東海大相模高で3年夏に甲子園準V。東海大4年時の全日本大学選手権で優勝しMVPと首位打者。NTT西日本を経て、2017年ドラフト3位で巨人入団。187センチ、90キロ。右投左打。

 ◆藤浪コロナメモ 阪神の藤浪晋太郎投手(26)は新型コロナウイルスのPCR検査を受け、3月26日に陽性反応が出たことが判明。日本野球機構(NPB)の球団所属選手の感染は初めてだった。同14日に大阪市内で開かれた懇親会には選手・知人合わせて13人以上が参加し、伊藤隼太外野手(31)、長坂拳弥捕手(26)からも陽性反応が出た。

 【調べる】公式戦はどうなる?発表されたばかりの日程

 【調べる】練習試合はどうなる?予定されている日程

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請