女子ツアー開幕決定で小林浩美会長がリモート会見 大会は無観客もネット中継

小林浩美会長
小林浩美会長

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は3日、6月25~28日のアース・モンダミンカップ(千葉・カメリアヒルズCC)を無観客で行い、今季ツアーを開幕することを発表した。小林浩美会長(57)はリモートで会見を行い、冒頭で以下のように説明した。

 「このたび政府より5月25日に、緊急事態宣言が全国的に解除され、徐々に行動範囲が広がりつつあります。その中でプロスポーツにおいて6月19日より無観客での開催が容認され、開催できる環境になったことは全国の皆様のお力添えがあったからこそであります。

 これまで当協会は大会主催者様とともに協議を続けて参りました。そして政府の発表等を受け、6月25~28日のJLPGAツアー、アース・モンダミンカップの無観客での開催の準備をしています。アース製薬様、カメリアヒルズCC様、大会関係者の皆様、自治体の皆様の多大なご支援、ご協力、新型コロナ対策により、鋭意準備をしていくこととなりました。開催に際しては、感染症専門の医師からご助言をいただきながらトーナメント運営の指針となるガイドラインに乗っ取り、最小限の感染リスクに抑えるべく、感染予防対策を講じながら開催の準備を進めて参ります。

 出場選手に対しては大会14日前から検温し、移動、食事、ホテル、トーナメント会場での留意点などのガイドラインをトーナメント事業部からお伝えします。本大会では出場資格を持ちながら、日本政府による入国制限があり、出場機会を逸する選手がいることを心苦しく思っています。

 いよいよJLPGAツアーの初戦に向けて準備に当たっております。その中で新型コロナウイルス感染症との戦いは長期戦です。出場選手の皆様は感染予防に留意した行動を日常的に行っているとは思いますが、移動、食事、トーナメント会場での行動、プレーそのものにも大きな影響、変化があると思います。社会では今、生活様式がニューノーマルになる動きが広まり、トーナメントにおいても前向きにニューノーマルに取り組んで参りたいと思います。

 ファンの皆様におかれましては、安全確保の観点から、会場での観戦がかなわないことを心よりおわび申し上げます。今大会はインターネット放送で、4日間、合計40時間以上の放送がございます。多くの選手の元気な姿とプロスポーツならではの技、優勝争いの醍醐味を存分に味わっていただけたらと思います。感動、希望を与え、多くの方々の心身の健康増進の一助となればと、選手の皆さんと一生懸命頑張って参ります」

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請