【阪神】藤浪晋太郎、遅刻で無期限2軍調整後初登板 1イニング目ピンチ背負うも3奪三振で無失点…ファーム練習試合

試合前にサングラスをかけなおす藤浪晋太郎(右)(左は望月)
試合前にサングラスをかけなおす藤浪晋太郎(右)(左は望月)

◆2軍練習試合 阪神―ソフトバンク(3日・鳴尾浜)

 5月28日の1軍練習に遅刻したことで無期限2軍調整となった阪神・藤浪晋太郎投手(26)が、3点ビハインドの6回から登板。1イニング目は3三振を奪って無失点に封じた。

 先頭の谷川原は151キロ直球で見逃し三振、続く4番・釜元は140キロのフォークで空振り三振と上々のスタート。田城には四球を与え、川瀬の中前打で2死一、三塁のピンチを背負ったが、最後は野村を152キロ直球で見逃し三振に仕留めた。この回の最速は154キロだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請