【日本ハム】開幕O・K弾 大田泰示、近藤健介が初回に2者連続アーチ 

初回無死一塁、左越え2ランを放った大田泰示
初回無死一塁、左越え2ランを放った大田泰示

◆練習試合 ロッテ―日本ハム(3日・ZOZO)

 日本ハムの大田泰示外野手(29)、近藤健介外野手(26)が初回に2者連続アーチをかけた。

 練習試合の特別ルールで、先攻後攻が入れ替わって試合開始。2点を先取された後の初回裏、無死一塁で大田が、二木の140キロの直球を弾丸ライナーで左翼席へ2ランをたたき込んだ。続く近藤は3ボールからの4球目、外角高めの140キロの直球を流し打ち、再び左翼席に運んだ。

 大田は球団を通じ「昨日差し込まれていた真っすぐにしっかりタイミングを合わせて、1打席目から対応することができて良かったです」、近藤は「3ボールから1球で仕留めることができたのはよかったです」とコメント。日本ハム打線の中核を担う2人のアベック弾で、逆転に成功した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請