松尾貴史、「東京アラート」の名称に疑問…「日本語で言って欲しい…警報でいいじゃんって思う」

松尾貴史
松尾貴史

 3日放送のフジテレビ系「バイキング」(前11時55分)で、2日の東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が34人となったことを伝えた。

 1日で新規感染者が30人以上は、5月14日以来。こうした事態に東京都は都民に警戒を呼びかける「東京アラート」を初めて発動した。

 スタジオでコメンテーターのタレントの松尾貴史は、「東京アラート」について「日本語で言って欲しいですね。東京アラートって何かショッピングセンターのネーミングみたいなね」と指摘した。

 さらに「これでアラートってどういうこと?ってワンクッションおいて人に聞かなきゃいけないって人がいっぱいいると思うんですよ」とし「警報でいいじゃんって思うし、東京を付ける必要ないと思う。やってる感アピールみたいなのはね。選挙が近いのかもしれないけど。そういうことよりは、実質的に伝わることと具体的なこととかを、もっとしっかり伝えてもらいたいなって思う」とコメントしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請