【ロッテ】藤岡裕大“駐車場トレ”弾 遊撃レギュラーへ自粛中に黙々素振り

7回1死一塁、2ランを放ちベンチに戻る藤岡
7回1死一塁、2ランを放ちベンチに戻る藤岡

◆練習試合 ロッテ5―5日本ハム(2日・ZOZO)

 藤岡が“駐車場スイング”でレギュラー奪取へ前進だ。3点を追う7回1死一塁。鈴木遼の直球を捉え「入ると思わなかった」と全力疾走。打球は低いまま右中間スタンドに吸い込まれ、1点差へと迫る2ランとなった。2回の2点適時打を含む2安打4打点の活躍に「自分のスイングをしようと、それだけを心がけている。今日はそれが良かった」と納得した。

 打撃好調の背景には自粛期間の過ごし方があった。鳥谷が加入しチームの内野手争いは激化。チーム活動休止により実戦でアピールできないもどかしさを胸に、藤岡は自宅の駐車場で中学生以来の素振りに明け暮れ、打撃を見つめ直した。

 「いろいろな人の視線を感じながら。プロ野球選手って気づかれているのかは分からないですけど」と笑いつつ「野球少年みたいな感覚になった。自分で考えてやれたことが良かった」と振り返った。さらには同じ左打者の西武・森、オリックス・吉田正の打撃を必死に研究したことも、この日の結果につながった。

 井口監督は「遊撃でレギュラーで出たいという気持ちが出ている」と評価。この日から本格的なレギュラー争いが始まったが「誰だろうとライバル。結果を残すしかない」と原点から奪いにいく。(小田原 実穂)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請