“ミレニアム世代”佐渡山理莉、コロナでツアー未定も「プロテストに照準」

沖縄で調整を続ける佐渡山(本人提供)
沖縄で調整を続ける佐渡山(本人提供)

 女子プロゴルファー・佐渡山理莉(20)=エナジックインターナショナル=は今季、中国ツアーの出場権を持つが、コロナ禍で出場の見通しが立たない。安田祐香(19)、古江彩佳(20)らを擁する2000年度生まれの“ミレニアム世代”の一員は2日までに電話取材に応じ、2度目の挑戦となる秋の国内プロテスト合格を最優先に調整する現状を明かした。(取材・構成=岩原 正幸)

 アマ日本代表で活躍した佐渡山は昨年11月の国内ツアーのプロテストで不合格(55位)に終わり、1月に中国ツアー予選会(QT、海南島)に挑戦。2位通過でフル出場権を得た。

 「プロテストは自分の力が出せず、悔しい結果でした。アマチュアで残るか、プロになって中国のQTを受けるか迷ったけど、自分で試合に出るチャンスをつかみにいきたかった」

 当初は秋まで主戦場にするはずだった中国ツアーは2月の開幕戦(香港)から7月まで中止。最短で8月下旬再開も渡航を含め予定が立たず、今は10月からの国内プロテストに目標を切り替えている。新型コロナウイルスの影響で20―21シーズンが統合され、来年のツアー出場権が得られるかなど不透明な部分が多いが、まずは合格を目指す。

 「今は中国の試合より、プロテストに照準を合わせている。沖縄のアカデミーでラウンドやショートゲームを中心に練習している」

 ジュニア時代から知る安田、古江らが活躍し、世代を引っ張る。昨年、ツアーで新垣比菜(21)のキャディーを務めた時に、古江と同組になった。

 「彩佳ちゃんのマネジメントやミスしないゴルフを見て、自分に足りないなと。みんなの活躍を見て、自分も頑張らなきゃと思います」

 ◆中国女子ツアー 当初は17試合が予定されたが、新型コロナの影響で最短で8月27日に珠海市で再開予定。他国との共催を含め、今季は9試合予定。144人が参加した1月の予選会は佐渡山を含め日本勢34人が登録。出場権が得られる30位以内に10人が入った。日本ツアーでプレーするセキ・ユウティン(22)=中国=は16年の賞金女王。米ツアーや日本ツアー進出を目指す選手が多い。

 ◆佐渡山 理莉(さどやま・りり)2000年5月5日、沖縄・名護市生まれ。20歳。名護高卒。8歳からゴルフを始める。小学生から県内の大会を中心に活躍し、15年全国中学校選手権春季大会で優勝。16年日本女子オープン25位、17年日本女子アマ2位。16~18年にナショナルチーム選出。昨年は日本ツアー7試合に出場し、25位が最高。家族は両親。157センチ。

ゴルフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請