明石商、ドラフト1位候補の中森俊介に狭間監督「いい球投げていた」練習再開…高校野球・兵庫

スポーツ報知
中森俊介

 昨年の甲子園で春夏続けて4強入りした明石商(兵庫)が2日、4月8日以来の練習を再開した。

 1日から分散登校が始まり、この日は部員半数の34人が参加。今秋ドラフト1位候補の最速151キロ右腕・中森俊介投手(3年)らが1時間半、キャッチボールや捕球練習、ティー打撃などで汗を流した。

 狭間善徳監督(56)は「ユニホームはいいね。選手が元気でよかった。中森はキャッチボールで、いい球を投げていた」と、約2か月ぶりの再会を喜んだ。

 今夏の甲子園大会と地方大会の中止を受け、兵庫県高野連は4日に独自大会の開催可否を発表する予定。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×