【オリックス】山本由伸、2回1安打0封 最速153キロで「ストレートに手応え」

オリックス先発の山本由伸
オリックス先発の山本由伸

◆練習試合 オリックス―ソフトバンク(2日・京セラドーム大阪)

 オリックスの山本由伸投手(21)が先発し、2回を1安打3奪三振無失点に抑えた。直球の最速は153キロを計測した

 初回は2番・今宮の内野安打から、その後に2四球を与えるなどして二死満塁に。最後は上林を二邪飛に抑えて失点を許さなかったが、32球を要した。しかし、エースはさすがの修正力を見せて2回は2奪三振などであっさり3者凡退。この回でマウンドを降りた。

 山本は「初回は少し力みがあったり、丁寧にいき過ぎて球数が多くなりました。2回は力みなくテンポ良く投げられたので、次につなげられるようにしたいです。体重移動の部分を特に取り組んできたので、ストレートの強さにつながったかなと思います。真っすぐには成果が出ているなと。そこの手応えはありました」と課題と収穫を口にした。

 対外試合の登板は3月10日の中日戦以来。久しぶりの感覚に「この状況の中で野球をできることに感謝していますし、改めてうれしいなと思いました。紅白戦が始まった時もワクワク感があったけど、対外試合が始まり、また気持ちが高ぶっているなと感じました」と頬を緩めた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請