【西武】高橋光成5回7失点も、憧れの坂本・亀井に「投げられてよかった」

高橋光成5回7失点
高橋光成5回7失点

◇練習試合・巨人―西武(2日・東京D)

 開幕ローテ入りが当確している西武・高橋光成投手(23)が先発し、5回9安打7失点(自責6)で、マウンドを降りた。

 2回に中島の二塁打から連打を浴び、先制点を献上。3回には松原に甘く入ったカットボールを右翼席に運ばれ、2回以降は毎回得点を許した。「試合と同じように投げた。調子は悪くなかったけれど、インコースにも投げ切れなかったし、追い込んでも、いいところで投げ切れなかった」と反省した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、今季の交流戦は中止が決定。幼いころから巨人戦をテレビ観戦しており、G打線との勝負を心待ちにしていた右腕。今シーズンでの対戦はかなわないが、巨人打線相手の投球に「優勝しているチームなので強かった。みんないいバッターなので、丁寧に投げましたが(自分の投球が)あまりよくなかった。でも、テレビで見ていた坂本さんや亀井さんに投げられたのはよかった」と充実感をにじませた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請