ロンドン五輪競泳銀メダル・鈴木聡美「無理やり力んだせいで、泳ぎ始めは右肩を痛めました」 近況報告で完治明かすも注意呼びかけ

 競泳女子で12年ロンドン五輪200メートル平泳ぎ銀メダルの鈴木聡美(29)=ミキハウス=が2日、自身のインスタグラムを更新。「現状報告と今の気持ちをまとめました」とコメントし、近況をアップした。

 鈴木は5月19日から大学のプールで水中練習を再開し、「約1か月泳げない期間がありましたが、少しでも筋力が落ちないように体幹トレーニングやストレッチなど、出来る事を心掛けてきました。でもいざ水に入ると、空回りしているような窮屈な感覚になりました。早く感覚と可動域を取り戻そうと無理やり力んだせいで、泳ぎ始めは右肩を痛めましたが今は完治しております」と、つづった。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言も解除され、6月から本格的にプールでの練習を再開させたスイマーも多い。「まず焦ることなく縮まった筋肉をほぐす為にスカーリング等の基本的なドリルワークや全種目を無理なく泳ぐことから始めるのをオススメします。いきなりのハードな練習は体の免疫力を落としてしまう事にもなるので、マスクや消毒などはもちろん、体調管理にもより一層気をつけながら、少しずつ取り戻していきましょう!」とアドバイスした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請