吉村洋文知事、甲子園での代替全国大会開催を提案「大人の方が簡単に夢をあきらめるのは、あってはならない」

吉村洋文知事
吉村洋文知事

 2日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。

 リモートで生出演した大阪府の吉村洋文知事(44)は夏の甲子園が中止となったことを受けての代替大会を甲子園球場で開催できないか、阪神側に打診していることを明言。「まずは大阪大会だけでもできないかということで、僕もメッセージを発信して、それぞれの団体に働きかけをしています」と明かした。

 その上で「高校3年生だけでなく、子どもの頃から(夏の甲子園を)夢見てきた子もたくさんいる中で、大人が子どもに『夢をあきらめるな』と言っておきながら、大人の方が簡単に夢をあきらめるのは、あってはならないと思っています。何とか最後の発表の場ができないかと思って、やっています」ときっぱり。

 さらに阪神球団との交渉について、「近畿大会とか大阪だけの話でなくて、それぞれの地元大会で勝ち上がった子たちで何かできないかと、阪神側に打診しています。ただ、阪神側は『まず高野連から提案を受けたい』と言ってまして、僕もそれには賛成です。いずれにしても、阪神球団が高校生や子どもたちのためにこの場を使ってもらいたいという思いを共有したいと思います」と明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請