TOHOシネマズ、5日から首都圏の23劇場が営業再開 前後左右の座席を空けて販売

 シネコン大手のTOHOシネマズが2日、新型コロナウイルス感染拡大防止を踏まえた緊急事態宣言により4月8日から休館していた東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県の首都圏23劇場を5日から営業再開すると発表した。

 営業再開に際し、座席の前後左右を空けてチケットを販売するほか、ロビーのソファやハイテーブルは撤去、券売機や売店の列は間隔を保つよう足元に目印を付けるという。午後8時以降のレイトショーは当面、中止する。ほかにも全国興行生活衛生組合連合会が定める映画館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインに沿って、取り組みを徹底する。

 5日から上映される主な作品は「ハリエット」「ANNA/アナ」「ポップスター」「デッド・ドント・ダイ」「パラサイト 半地下の家族 モノクロ版」「AKIRA 4Kリマスター版」など。

 再開する劇場は東京都が日比谷、シャンテ、新宿、日本橋、上野、六本木ヒルズ、渋谷、西新井、南大沢、府中、錦糸町。千葉県がららぽーと船橋、市川コルトンプラザ、柏、八千代緑が丘、流山おおたかの森、市原。神奈川県が海老名、小田原、川崎、ららぽーと横浜、上大岡。埼玉県がららぽーと富士見。その他の地域では5月15日から順次営業再開しており、5日以降は全67劇場で営業再開となる。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請