記者が見た「素の渡辺麻友」、恋愛話にも笑顔で本音

卒業公演の囲み取材に笑顔で答える渡辺
卒業公演の囲み取材に笑顔で答える渡辺

 「まゆゆ」の愛称で親しまれ、昨年のNHK連続テレビ小説「なつぞら」などに出演した元AKB48の女優・渡辺麻友(26)が5月31日付で所属事務所「プロダクション尾木」との契約を終了し、芸能界を電撃引退したことが1日、明らかになった。「健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい」と自ら事務所に申し出たという。AKB48選抜総選挙で唯一の9年連続ベスト5入りを達成した王道アイドル。全盛期の主要メンバー「神7」では初の引退発表に衝撃が走った。

 「完璧なアイドル」と言われた、まゆゆの素顔を一瞬見たことがある。17年12月26日、卒業公演後の囲み取材。夜中で新聞の締め切り後だったが、どんな表情なのかが見たかった。

 AKBグループ卒業時の囲み取材には恒例の質問がある。もう最後というタイミングで、記者が「恋愛解禁になりますが…」と切り出す。「いい人がいれば」「タイミングがあれば」と答えて終了となるのが通例だ。

 だが、まゆゆは違った。こちらが遠回しに「ノースキャンダルでしたが」と切り出すと「ルールがあると守っちゃう」「(隠れて恋愛すると)逆にプレッシャーになってダメですね」と本音で返してきたのだ。恋愛願望も「今までしてこなかったので『自分、大丈夫かな?』と怖さがある。アハハッ」。恋愛の話題だけで5分近くしゃべり、我々には見せないような、はじけた笑い方が新鮮だった。

 それまではお堅いキャラだと思っていた。ライブやイベントでも模範解答。卒業を発表した17年の選抜総選挙では、その前に別メンバーが結婚宣言して話題をさらわれたが、そんな“不運”の中でも地道に頑張るイメージだった。

 音楽関係者は「まゆゆは仕事を完璧にする一方で、とても普通の人。そしてグループでも有数の面白い性格なんです」と明かす。楽屋や仲間内では、いつも笑いにあふれたトークを展開していたという。記者があの晩に見たのが「素の渡辺麻友」だったのだ。

 体調を戻し、またあの時の笑顔を取り戻してほしい。(浦本 将樹)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請