梶原悠未、同世代アスリートとオンライン交流 強いメンタルの秘けつは「緊張を受け止めること」

スポーツ報知
梶原悠未

 自転車トラック種目の女子中距離で、東京五輪代表入りが有力視される梶原悠未(23)=筑波大大学院=が1日、1997年度生まれのアスリートによる「97会」のオンライントークイベントに参加。試合で緊張しない心の持ち方を明かした。

 「緊張していることを感じて、受け止めることが大事。トレーニング記録を本番前に見返して、これだけトレーニングしているから大丈夫、と自信を持つようにしている。戦術を考えたメモを読み返して、思い通りの試合になるように走る」と、同い年のアスリートたちにアドバイスした。

 「97会」のトークイベントには、フェンシング男子フルーレの西藤俊哉、新体操女子の皆川夏穂、熨斗谷さくら、フリースタイルスキー男子モーグルの堀島行真ら、競技の垣根を越えて有力選手が参加した。

スポーツ

×